2017年9月30日土曜日

年子の二人のために

M.A.さんのお子さんは年子の男の子と女の子

二人が仲良く向いあって勉強できるようにと

デザインされた作品です

それぞれの側にペンや文具が入れられるようになっています
側面の北欧生地もとっても素敵です

真ん中に書類やノートを立てると・・
向かい合う二人に適度なパーテーションの役割を果たします


M.Aさんは作業が早く、素晴らしい集中力で
大作を仕上げられました!

お母さまの手作り作品で
二人の勉強がはかどりますね


2017年9月20日水曜日

お出かけソーイングボックスミニ

Nちゃん(娘のお友達)のバレエの発表会をに行ってきました

ホールに入ってびっくり  生のオーケストラでした!

レベルも高く生徒さん皆様の日々のご努力が

感じられる舞台でした

Nちゃんにプレゼントしました~


トゥシューズのリボンやゴムを縫い付けたり
衣装のループを直したりと何かと必要な裁縫箱を
定番サイズの半分にしました

2017年9月9日土曜日

夏の可愛いたより 2017

認定講師の黒瀬裕子さんのお嬢さんMちゃんから

昨年に続き作品画像が届きました


スタイルは黒瀬講師のオリジナルです
「同じものを作りたい」と言っています(;´・ω・)
と黒瀬講師からお聞きしていたので楽しみにしていました


夏休みの自由研究として作業過程を写真付きでノートにまとめて提出したそうです
小2でこの意欲・根気おどろかされます!


Mちゃん 先生のこと覚えていてくれてありがとう~
Hちゃんと一緒にまた遊びに来てね~ 

2017年9月6日水曜日

トレー付き ティッシュケース

アカデミーコースアドバンスを修了されたM.O.さんの作品です

製図の段階から納得いくまでよく練られていて、
制作時も最後まで丁寧に根気よく取り組まれたことが
作品に表れています。


「トレーの入れ口に波型を付けたことで
エレガントな雰囲気になりました
とMOさん
波型を描くところからご自分でされました!


美しさと実用性を兼ねた素敵な作品です
内側の始末に手間がかかったとおっしゃっていましたが、
とても丁寧に仕上げられています





2017年9月4日月曜日

お裁縫箱

アカデミーコースを修了されたKさんの作品です

Kさんは、1回目のレッスン時に厚紙のカットに
苦戦したとのことですが
そんなことは記憶からふっとんでしまうくらい
上達されました!

「頭の中で思い描いたものが形になっていく過程が
とても楽しかったです」と制作時の感想をいただきました。
カルトナージュの醍醐味ですね。


「裁縫箱は小物が多く整理しにくい為
引き出しを作りました」とKさん

「ふた裏を膨らませて針を一時的に置く場所にしました」

キュートな外観だけでなく使いがっても良さそうな箱です
持ち運んでも引き出しが飛び出ない仕組みになっています・・凄!

2017年9月2日土曜日

刺しゅう用お道具箱


アカデミーコースを修了された M.T.さんの作品

ふたの刺しゅうに同席の方からも「わー!」と思わず声があがりました♡

「刺しゅう道具をコンパクトにまとめられる箱がほしいと
思っていたので、形にすることが出来、嬉しいです
お気に入りに箱になりました」とM.Tさん




「下段の仕切りには刺しゅう糸を入れ、
上段は作業中に使う道具をのせておけるトレーとして使えます」


ボーダー柄の生地の柄の出し方をどうするか?に悩みました
とおっしゃっていましたがとても素晴らしい配置ですね。
赤の利かせ方もとても素敵です。

「アカデミーコースで習った技法をたくさん盛り込みました!」とも。
嬉しい限りです!

小さな箱に工夫とテクニックが満載
  そして箱への情熱が感じられる作品です




2017年7月21日金曜日

Niihara講師からの嬉しい知らせ

Atsuko Niihara講師の元で
アカデミーコース受講されていたI.A.さん
修了されたとのご連絡がありました!

I.A.さんのご受講のご様子は
いつもお聞きしていましたのでとても嬉しく思いました。

「ワンコのお道具入れ」
取り外しできる仕切りがついています

それぞれにワンコのどんな道具が入るのか?
興味深々です・・

「計算では合っているのに実際に組み立てるとうまくいかなくて難しかった。
特に仕切り。もう一回作り直してみたい。」とA.I.さん

Niihara講師曰く
「アカデミーで作った作品も復習のためにもう一度作ろうと思っている
とても熱心な方」とのこと

チャレンジャーですね!
素晴らしいです!